法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【スタッフ雑談】キノコの話 10

2015年11月27日(金曜日)

夜の森で光るキノコを見たくて、小笠原でヤコウタケの観察ツアーに参加したことがあります。
観察ポイントでは残念ながらキノコの姿はなく、光っているヤコウタケの菌糸のみ見ることができました。
諦めきれず皆で暗闇を探したところ、「なにかぼんやり光ってる!」との声が。懐中電灯を消して真っ暗にすると、微かに光る小さなものを確認できるものの、暗闇のためキノコかどうかもよくわからず、翌日の昼に再度観察。大きさは5㎜ほどの半円形の傘、全体は白色~クリーム色、傘の裏はヒダではなく蜂の巣状の管孔で、図鑑を見る限りではスズメタケによく似たキノコでした。

発光するキノコは、ツキヨタケ、ヤコウタケ、スズメタケ、アミヒカリタケ、シイノトモシビタケなど日本では未記載のものも含め十数種ほど知られているそうで、「光るキノコと夜の森」(岩波書店)という本には、これら国内で見られる光るキノコが幻想的な写真で紹介されています。
夜の森で妖しく美しく光るキノコたち。なかなか夜の森に行く機会がないので、出会いたい憧れのキノコです。
(R)

【代表弁護士から】千葉氏の城はいずこに

2015年11月20日(金曜日)

事務所の近くには、城の天守閣の形をした千葉市立郷土博物館があります。
しかし、ここには天守閣の城というものが存在したことはありません。“城”というとどうしても天守閣を思い浮かべてしまいますが、これは戦国・安土桃山時代以降のもので、中世の城はほとんどが土塁と塀によって守られた平屋のものであったといわれています(参考文献1)。
では、中世の千葉氏の拠点がどこにあったのかというと、確固たる証拠がなく、学者さんの間でも説が分かれているようです。
その中でも、現在の千葉地方裁判所の地にあったのではないかという説は有力なようです。その理由としては、
① 裁判所の場所は古来より「御殿跡」と呼ばれていた。
② 明治期の地図では裁判所の周囲は土塁と塀があり、中世の方形の館跡に似ている。
③ 現在の郷土資料館のある亥鼻地域を発掘しても、千葉氏の居館にふさわしい出土物がない。
といったことがあげられています(参考文献2)。
このような説があるというのは、寡聞にして知りませんでした。もっと決定的な証拠があればよいのですが、今のところはないようです。
参考文献2の論者も「いずれ機会があれば発掘調査を行うのが望ましい」と述べているほどで、発掘調査による有力な証拠の出土を期待したいところです。

参考文献1:千葉城概説 築瀬裕一(千葉いまむかし11号)
参考文献2:中世の千葉概説 築瀬裕一(千葉いまむかし13号)

【スタッフ雑談】秋はイベント三昧

2015年11月16日(月曜日)

秋になると、週末のたびに各地でイベントがあるのでとても楽しみ。
私の地元周辺だけでも色々なイベントがありまして、中でも栗源(「くりもと」と読みます)のふるさといも祭りは地元では人気なイベントです(今年は第28回とのことです)。
ちなみに、イモ繋がりでいえば、東北地方のいも煮がありますが、こちらは煮込みませんよ。焼き芋です!
栗源地域の特産品であるサツマイモ『ベニコマチ』を130か所の籾がらの山でゆっくり焼き上げ(火おこしは前日から行われます)、来場者に無料配布するというもので、毎年大勢のお客さんが開場前から並ぶ盛況ぶりです。
今年は11月15日に開催されました。午後から行ってみたのですが、雨の影響で人の出が少なかったのか、無事に焼き芋をゲットでき大満足でした。(S)

 

【代表弁護士から】不貞訴訟

2015年11月09日(月曜日)

不貞に関する訴訟は、私が駆け出しのころ(20年前)にもあることはあったのですが、現在ほど数が多くはありませんでした。

最近では数が多くなり、裁判官の論文にも「近時、配偶者の不貞の相手方に対する慰謝料請求訴訟が増加し、過払い金返還請求訴訟、交通損害賠償請求訴訟につぐ主要な訴訟類型とも言いうる状況にある」とコメントされているほどです(2008年の論文)。

不貞に関する訴訟で最も多いは、配偶者の不貞の相手方に対する慰謝料請求訴訟です。
妻が原告である場合は、女性を被告として、夫が原告である場合は、男性を被告とするという訴訟が多いのです。

自分の配偶者に対して慰謝料請求を起こすということはほとんどありませんでした。配偶者との関係は離婚の問題と直結しますので、離婚の請求と合わせて慰謝料が問題とされることが多いのだと私は理解してきました。

しかし、最近では、離婚を拒否しながらも不貞をした配偶者を被告として慰謝料請求するというケースが表れています。

配偶者に訴訟をするというのは、どう考えても円満な夫婦関係であるとはいえませんので、この類型を担当する裁判官の中には、請求をしている原告に対して、「どのような解決をお望みなのですか?」と困惑を隠せないといった質問をする方もいます。

法律家は、訴訟=権利の実現という図式的な教育を受けているので、そのような発言となるのでしょう。

私は、そういう一見矛盾するように見えるものの中に、日本人の裁判についての考え方が見えるのではないかと考えています。
日本人が訴訟に求めるものというのは、「権利の実現」といったものにとどまらず、自分なりの正義感情を満たすという目的があるような気がします。

【代表弁護士から】習志野の俘虜収容所

2015年10月30日(金曜日)

”百年前新聞”というツイッターアカウントがあります。
百年前の今日何があったのかというのを見るのはなかなか面白くてフォローして読んでいるのですが、10月21日の記事でこのようなものがありました。

21日、習志野俘虜収容所で、捕虜のドイツ人たちが「大体育祭」を開く。種目は鞍馬、平行棒、鉄棒、サッカー、重量挙げなど。日本人もドイツ人も参加した。100メートル走ではドイツ海軍東アジア分遣隊員が12.04秒で優勝。夜はビールで祝宴。
=百年前新聞社 (1915/10/21)

習志野というのは、千葉県の習志野市のこと。そこに俘虜収容所というものがあったということは初めて聞きました。
調べてみると、第一次世界大戦で中国の青島をめぐって日本はドイツと戦争をしており、捕虜となったドイツ兵を収容したのが習志野だったのです。

江戸時代以降、房総半島は日本の首都近郊となりました。
房総半島は東京湾の構成要素ですから、軍事的にも重要な位置にあります。
明治期には多くの軍事施設が千葉県に置かれました。
房総半島の南部を除けば、平野や台地が広がるのが千葉県の地勢です。
そんなこともあって、習志野に捕虜の収容施設が置かれたのではないでしょうか。

捕虜といっても収容所内では、音楽活動もあり、演劇、出版も行われていたそうです。
大体育祭の後に、ビールで乾杯というところからは、収容所生活といっても、それなりに自由だったのですね。

参考文献:習志野市教育委員会編 ドイツ兵士の見たニッポン 習志野俘虜収容所1915~1920

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日10:00~17:15

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日10:00~17:15

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 井川 夏実

井川 夏実Natsumi Igawa

弁護士紹介