法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【代表弁護士から】2015年を振り返って

2015年12月24日(木曜日)

年末ですが、あまり年末らしくないような気がします。なぜかはよく分かりませんが、年々、年末の雰囲気が薄れているような気がします。
今年は暖冬模様なので余計そのように感じるのかもしれません。

今年感じたことといえば、以前より裁判官の力量が衰えたなと感じます。事案を裁いて一定の解決に導くためには、事案を適確に把握する力が必要です。
しかし、残念ながら適確に把握していない裁判官が散見されます。
先般も法廷に行きましたら、裁判官の質問が事案の基本中の基本に関することで、そのような前提すら把握できていなくて大丈夫なのだろうかと不安を感じざるを得ないことがありました。
以前に比べれば、民事の訴訟件数は減っているというのに、どうしたことなのでしょうか。

裁判官だけでなく、検察官も同様です。以前ならば、検察官の作成する調書を読めば、事案のアウトラインは掴めたものです。しかし、今は検察官の調書は薄っぺらなものが多く、長くても事案の大筋を捉えることができるような調書は減ってきています。

事案の本質を捉えることより、部分的な把握で精一杯という感じです。

裁判官や検察官について言及しましたが、我々弁護士も同じなのかもしれません。時間におわれるだけで、本質の把握が疎かになっているのは法曹界全体の傾向のような気がします。

当事務所では、より良い解決を探るため、事案の本質に迫る弁護活動を行っていきたいと考えております。

さて、今年もまもなく終わろうとしております。当事務所は年内は12月25日までですので、本年の更新は今回の記事で最後となります。

本年も誠にお世話になりました。
来る年もよろしくお願い致します。
新年は1月4日からとなります。

弁護士 金子宰慶

代表弁護士から】年末・年始の執務時間のお知らせ

2015年12月15日(火曜日)

当事務所の年末年始の執務時間は下記のとおりですので、よろしくお願い致します。

(年内) 12月25日(金)まで  執務時間は平常どおり

(年始) 1月4日(月)から    執務時間は平常どおり

※12月26日~1月3日は執務は休ませていただきます。

※なお、相談受付は行っておりますので、相談ご希望の方は執務時間外のダイヤル「043-221-1388(午前9時~午後7時半まで受付)」へお電話下さい。

【スタッフ雑談】あっという間に師走です

2015年12月14日(月曜日)

暖冬のせいか(11日の千葉市の最高気温24℃となっていました)、12月のような気がしませんが、もう12月半ば。
今年も1年終わってしまいますね。
2015年はどんな年だったかなぁ。
個人的に外せない出来事といえば、やっぱりプロスポーツ界の日本人選手の大活躍ですかね。
ラグビーの五郎丸選手、テニスの錦織選手、そして、もっとも記憶に新しいのは、先日NHK杯で史上最高得点を叩き出し、さらにグランプリファイナルでも自身の記録更新、圧倒的な強さで優勝したフィギュアの羽生選手!
羽生選手のプログラムをご覧になった方も多いと思いますが、鳥肌が立つほど美しく、圧巻な演技でした。そんな羽生選手はまだ21歳というから驚きますが今後さらなる活躍が楽しみですね!(S)

 

【代表弁護士から】調停は戦いの場になっています

2015年12月04日(金曜日)

法律事務所大地では、離婚などの家庭裁判所での事件の取扱いが多いのですが、家庭裁判所というと、いきなり裁判ではなく、まずは調停となります。
以前は調停といえば「話し合い」だから、ということが裁判所でも強調されていましたが、最近はそうもいっていられない状況となっています。
調停委員からも、「何を主張するのか明らかにしてください」「書面にして提出してください」「提出期限は*月*日までです」というような、裁判とほとんど変わらないことを要求されます。
20年前ですと、調停で書面を頻繁に提出することはなかったのですが、今や書面を要求されるのが普通になってしまいました。
書面で突きつけられると、きつく思えるものです。
曖昧な表現というものは、主張を弱めるようにも見えるからです。
勢い、書面の提出というのは、戦いを強める方向に作用します。

最近の調停は、当事者が先鋭化しているなどと裁判所は嘆いていますが、私から言わせれば、裁判所がそれを煽っているという側面もあるのです。いや、社会全体がそんな方向に向かってしまっており、裁判所もその流れの中に呑まれてしまっているのかもしれませんが。

いずれにせよナアナアでは済まないケースが増えています。こうなると、自分一人で調停をやっていくのはなかなかに大変です。弁護士を依頼するケースというのも増えてきています。

調停は良くも悪しくも調停委員次第です。
調停委員は中立であるといいながら、先鋭化した当事者を説得して、合意を取り付けていくためには、両方の言い分をただうなずいて聞くだけでは、とても合意などできず、調停不成立が続出してしまうでしょう。
ですので、どうしても説得しようとする場面が出てきます。
そして、それは説得しやすい方、弱い方を説得する流れになるというのは、必然です。
かくして、調停という場面でも力の強い者が勝つ傾向が出てきます。
そうでないようにできる調停委員は素晴らしいと思いますが、少し気を抜くと弱そうな方を説得する調停になってしまいます。

裁判官は、「調停委員は、一方の当事者の主張が正当なものであると考えても、これに基づいて、他方の当事者を非難したり、注意したりしてはいけません。」などとものの本で書いていたりするのですが、非難や注意などは弁護士がついているケースでも頻繁にあります。
ひどい調停委員が増えたものだと思いますが、そこを嘆いても始まりません。
我々は日々そのような調停委員とは一戦を交えてもよいという気合で対峙しております。

【スタッフ雑談】キノコの話 10

2015年11月27日(金曜日)

夜の森で光るキノコを見たくて、小笠原でヤコウタケの観察ツアーに参加したことがあります。
観察ポイントでは残念ながらキノコの姿はなく、光っているヤコウタケの菌糸のみ見ることができました。
諦めきれず皆で暗闇を探したところ、「なにかぼんやり光ってる!」との声が。懐中電灯を消して真っ暗にすると、微かに光る小さなものを確認できるものの、暗闇のためキノコかどうかもよくわからず、翌日の昼に再度観察。大きさは5㎜ほどの半円形の傘、全体は白色~クリーム色、傘の裏はヒダではなく蜂の巣状の管孔で、図鑑を見る限りではスズメタケによく似たキノコでした。

発光するキノコは、ツキヨタケ、ヤコウタケ、スズメタケ、アミヒカリタケ、シイノトモシビタケなど日本では未記載のものも含め十数種ほど知られているそうで、「光るキノコと夜の森」(岩波書店)という本には、これら国内で見られる光るキノコが幻想的な写真で紹介されています。
夜の森で妖しく美しく光るキノコたち。なかなか夜の森に行く機会がないので、出会いたい憧れのキノコです。
(R)

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日10:00~17:15

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日10:00~17:15

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 井川 夏実

井川 夏実Natsumi Igawa

弁護士紹介