法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【スタッフ雑談】サンブスギ

2017年01月27日(金曜日)

千葉県のマスコットキャラクターのチーバくん。グッズの種類も豊富ですが、お気に入りは千葉県産のサンブスギで作られた木目模様のチーバくんストラップとピンバッチ。ちばの木を使って、ちばの森林を元気にする取り組みの一つとして作成されたものだそうです。

サンブスギは博物館の展示室で大きな切り株を見たことがありますが、どういったものであるのか忘れてしまったので、改めて調べてみました。
千葉県のホームページによると、「サンブスギ」は山武地方において古くから育てられ、優良な性質を多くもつ挿し木スギの一品種。
「さんぶすぎ」と言った場合、山武地方に生育する杉全体のこと、あるいは建具などに利用された年輪の詰まった大径材など人によって指すものが様々なので、この挿し木スギをカタカナ表記で「サンブスギ」、その他のスギを「山武杉」「さんぶ杉」と区別しているとのこと。
サンブスギは昔から木材としての価値が高く評価され、関東一円のほか福島、愛知、三重などでも植栽されており、また花粉を飛ばす雄花をほとんどつけないことから、花粉の少ないスギ優良品種のひとつとしても選ばれているそうです。

そのサンブスギの生まれた山武地方は、江戸時代から山武林業地として農業と密接な関係をもつ林業が行われてきた地域で、降雨量が少なく、乾燥しやすい土質などスギの生育には適さない場所でありながら、それを克服すべく乾燥に強いマツを保護樹として先に植え、スギの育つ環境を整えてからスギを植えるというマツ-スギの二段造林という独特な造林法を生み出したことでも知られているそうです。

関東ふれあいの道の一つに「山武杉のみち」という杉並木を通るコースもあり、平地において樹齢200年級のスギの巨木が見られるのは日本では数少ない地域とのことなので、一度散策してみたいと思っています。
(R)

【代表弁護士から】ペットと遺伝病

2017年01月20日(金曜日)

先日(1月11日)、NHKクローズアップ現代+でペットビジネスの歪みを取り上げていました(「あなたのペットは大丈夫!?~追跡
ペットビジネス・遺伝病の闇~」)。

大量生産のために遺伝病も増えてしまう。ブリーダーとしては、「売れるから繁殖させる」という金儲け主義。
この流れを変えていくには、ブリーダーやペットショップに対する法規制を強化していくということが必要なのかもしれません。
ただ、現在の法規制は動物取扱業の登録というところにとどまっています。
動物取扱業・・・「第一種動物取扱業」→その業種ごとに、当該業を営もうとする事業所の所在地を管轄する知事の登録を受けなければならない
飼養施設を有し、一定数以上の動物を非営利で取り扱う場合・・・「第二種動物取扱業」→届出が必要
というようなものです。
動物取扱業は届け出だけでOKだった時代もあるので、確実に法規制は強まっていますが、まだ欧米に比べると遅れていると言われます。

法規制というような大きな流れとは別に、ペットを購入した飼い主が、ペットショップなどの責任を追求していくということも考えられます。
NHKで報道されていたケースでいうと、ペットが遺伝病に罹患しているということで、ペットの飼い主がペットショップに損害賠償請求できないかという問題です。

遺伝病について責任を追求した裁判例に次のようなものがありました。

事例 てんかんをもっていた子犬を購入した飼い主が、ペットショップに損害賠償請求を求めた事案

*東京地裁平成16年7月8日判決(ペット判例集238頁)
「てんかんという疾病が遺伝的要因によって発症したものであるとすれば、それは愛玩用の犬として取引上一般に期待される品質を欠く欠点を有するものと評価せざるを得ない」
→民法のいう隠れた瑕疵にあたる。

このように民法上の責任追及は可能ではあるといえます。

【スタッフ雑談】ピースサインと指紋のはなし

2017年01月13日(金曜日)

「写真を撮るとき、こうやってピースサインするでしょ?カメラに向ってピースサインはもうしちゃダメよ!その写真から指紋が読み取られて、犯罪に利用されるらしいのよ!テレビでやってたの!危ないらしいのよ!」

帰宅するなり、母が興奮してこのようなことを言い出したので、一体なんの騒ぎかと思い調べてみました。母は昼間のワイドショー的なテレビ番組で見たようですが、どうやらニュースソースは1月9日付産経ニュース(インターネット)のようです。

この記事の見出しは
【指紋ネット盗撮】「ピースサインは危険!!」3メートル離れて撮影でも読み取り可能
となっており、「カメラに何げなくピースのサインをするだけで、指紋が出回ってしまう」と「指紋の盗撮防止技術を開発した国立情報学研究所の越前功教授が警鐘を鳴らす」というもの。「顔と手を一緒に撮影した写真をネットに掲示すると、個人と指紋を特定される恐れがある。」そして、それが指紋の悪用に繋がっていくということらしいのです。

SNSなどで気軽に写真を投稿できる時代になり、SNS友達を経由し、自分の写真も流出していくかもしれないことはある程度許容範囲といいますか、仕方のないことだと思っていましたが、まさかそこから自分の指紋が他人に抜き取られ、悪用される可能性があるとは想像すらつきませんでした。

まず自分でできることから対策をしましょう。
写真を撮るときは、指紋があからさまになるようなポーズは控えておく方がよさそうですね。(S)

【代表弁護士から】明けましておめでとうございます

2017年01月05日(木曜日)

昨日(4日)より仕事始めとなっております。
本年もよろしくお願い致します。

年末年始は福島県の相馬市を訪れる機会がありました。

相馬駅は常磐線の小さな駅ですが、常磐線は東日本大震災で大きな痛手を受けました。

相馬駅の北は津波でレールが流されました。南はレールこそ流されていませんが、原発の影響で未だ電車が動いていません。

先月ようやく、仙台〜相馬間が全通し、仙台経由で東京と繋がることができましたが、以前南の方からは電車ではアプローチできない状態です(道路は通ることができます)。

震災で人々の心に多くの痛みが生じましたが、その痛みが癒えるまでには長い時間がかかります。
今年も人々の痛みに寄り添う活動をしていきたいとの思いを強くした旅行でした。

【代表弁護士から】本年もお世話になりました

2016年12月26日(月曜日)

今年も残り1週間を切り、まもなく終わろうとしております。本年の更新は今回の記事で最後となります。

当事務所の年末年始の執務時間は下記のとおりですので、よろしくお願い致します。

(年内) 12月28日(水)まで  執務時間は平常どおり
(年始) 1月4日(月)から   執務時間は平常どおり

※12月29日~1月3日は執務は休ませていただきます。
※なお、相談受付は行っておりますので、相談ご希望の方は執務時間外のダイヤル「043-221-1388(午前9時~午後7時半まで受付)」へお電話下さい。

本年も誠にお世話になりました。
来たる年もよろしくお願い致します。

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日10:00~17:15

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日10:00~17:15

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 井川 夏実

井川 夏実Natsumi Igawa

弁護士紹介