得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

離婚問題の相談例

財産分与についてのご相談

Fさんのケース

妻と離婚について話し合っています。離婚することや子どもの親権を妻にすることについては問題がないのですが,財産分与の点で考えが違っています。
財産は私名義のマンション(時価2000万円,住宅ローン残2500万円)しかありません。妻は,マンションの名義の少なくとも1/2を妻に変えて,そこに住み続けたいといっているのですが,そうしなければならないものでしょうか。

結婚生活をしている間に,夫婦それぞれの財産が増加していれば,財産分与という問題が生じます。 財産分与というと,夫婦の財産をそれぞれ1/2にすることだと考えている方がいますが,少し理解が違っています。 (続きを見る...)

面会交流についてのご相談

Eさんのケース

夫に対して離婚の調停を申し立てました。
子どもの親権は私でよいということになったのですが,その代わりに夫は子どもに会わせてくれと要求してきます。会わせなければいけないものでしょうか。

子どもに会わせるかどうか(面会交流)は,離婚に際して最近問題になることが多いです。 子どもを養育している側は,会わせたくないと思うことが多いのに対し,他方の親は子どもに会いたいと考えることが争いを生ん(続きを見る...)

親権・養育費についてのご相談

Dさんのケース

夫との間には小学生の子どもが2人います。
夫は年収600万円の会社員。
私は主婦ですが働いていなくても親権をとれるでしょうか。親権がとれたら養育費はいくらくらいもらえるものでしょうか。

日本では単独親権なので,離婚するときに親権をどちらかにするか決めておかなければなりません 離婚届にも,子どもの親権をどちらにするかを記載することになっています。 そのため,夫婦で離婚すること自体は合意(続きを見る...)

モラルハラスメント(モラハラ)についてのご相談

Cさんのケース

夫は,毎日のように暴言を吐きます。「お前は家事ができない。一体いつになったら,ちゃんとやれるんだ。俺の言うことが聞けないんだったら,お前なんか死んじまえ」というようなことを平気で言うのです。
もう耐えられないので,離婚したいのですが,モラハラを理由に離婚ができますか?

言葉や態度によって,相手を傷つけるモラルハラスメント(モラハラ) Cさんの人格権を侵害するものとして離婚原因になりえます。 離婚を決められているのであれば,別居することをお勧めします まずは,これ以上(続きを見る...)

不貞行為・慰謝料についてのご相談

Bさんのケース

夫がいつもより夜遅くなってから帰ってくるようになったので問い詰めましたら,他の女性と関係をもっていることが分かりました。
その不貞相手の女性に慰謝料を請求したいのですが,いくらくらい請求できますか。
夫と離婚するかどうかは迷っており,とりあえず,その女性に請求したいのです。

配偶者がいるのに,他の女性(男性)と性的な関係をもつことを「不貞行為」といい,離婚原因となります。 また,性的な関係をもった第三者に慰謝料請求できますが,気をつけておくべきことが何点かあります。 「性(続きを見る...)
1 / 212

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
ラインビル中央6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介