解決事例|交通事故被害、離婚問題、刑事事件解決事例

交通事故の解決事例

夫が交通事故で高次脳機能障害に。訴訟を提起して増額解決

Dさんのケース(女性30歳代)

Dさんのご主人は,自転車に乗っていたところ,信号機のない交差点で自動車にはねられ,一時意識不明となりました。 その後,意識は回復し,身体の障害はなかったのですが,記憶障害や注意障害といった障害が後遺障害として残りそうであり,仕事への復職はかなり難しいと医師から説明を受けました。夫の復職が難しいことを知り,今後の生活設計に不安をもったDさんは交通事故に詳しい弁護士に相談に行きました。 弁護士は,早速(詳細を見る...)

死亡事故。刑事事件での対応と民事訴訟。

Cさんのケース(男性50歳代)

Cさんの長男は交通事故に遭い,お亡くなりになりました。 ご長男はまだ独身だったので,CさんとCさんの奥様が長男の相続人でした。 ご長男は,横断歩道を渡っていたときに,加害者にはねられ,加害者はそのまま逃走したということでした。 ご長男がお亡くなりになって,49日を過ぎたころに,加害者が見つかり,警察に逮捕されました。 Cさんは,警察官や検察官に事情聴取で呼び出され,検察官からは加害者が交通事故を起(詳細を見る...)

紛争処理センターで交渉ではえられなかった増額を勝ち取った

Bさんのケース(女性20歳代)

Bさんは交通事故に遭い,12級の後遺障害が残りました。 弁護士費用特約には加入していなかったので,自分で任意保険会社と交渉をしていましたが、自分の考えと任意保険会社の提示する金額に開きがありすぎ,弁護士に相談することにしました。 弁護士はこのようなときに,任意保険会社の提示した金額と,裁判基準で計算した金額,弁護士費用を考慮して,Bさんに有利になりそうかどうかについてアドバイスします。 色々検討し(詳細を見る...)

弁護士に依頼して,自賠責異議申立。非該当から後遺障害14級認定し,交渉にて増額解決

Aさんのケース(男性30歳代)

Aさんは自動車を運転して信号待ちで停車していたところを,加害者から追突され,頚椎捻挫(むちうち)の怪我を負いました。 半年ほど通院して治療していましたが,そろそろ症状固定をということで,主治医に後遺障害診断書を書いてもらいました。 加害者の任意保険会社を通じて,後遺障害の等級認定手続きをしたのですが,結果は後遺障害には該当しない(非該当)というものでした。 この結果に納得できなかったAさんは,弁護(詳細を見る...)

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介