法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【スタッフ雑談】お茶のお稽古

2017年04月28日(金曜日)

お茶を習いはじめてかれこれ30年。
上野の東京国立博物館で行われている「茶の湯」展で、国宝や重要文化財の茶碗や茶入れなどを鑑賞しながら、習い始めた頃のことを思い出しました。
歩き方やお辞儀の仕方、襖の開け閉め、お茶を点てる所作の一部分ずつを繰り返す割稽古、その後、薄茶点前、濃茶手前と稽古していきますが、最初の頃は所作や手順を覚えるので精一杯。間違えずに流れるような所作でお茶を点てられるようになりたいとそればかり思っていました。

薄茶や濃茶の点前ができるようになった頃、外国のお客様にお茶を差し上げたいと友人に頼まれ、「できるよ」と安請け合いし、お茶室を借りてお茶を点てることに。
稽古でやっているようにお茶を点てればいいと思っていたのですが、お稽古は先生のご自宅で行っているので、稽古前に先生が炉や風炉の灰を整え、熾した炭を入れ、釜に湯をわかし、茶碗や茶入れなどの道具を取り合わせ、お稽古に伺った時にはお茶を点てるための準備が整った状態であったのだということに、この時、初めて気づきました。

友人の手伝いもあり、お客様にはお茶を差し上げることができましたが、普段のお稽古はほんの一部分で、先生がされていた準備や心遣いなどに思いが及ばず何もわかっていなかったことが恥ずかしく、いろいろと考え、気づかされた出来事でした。

美味しい和菓子が食べられると始めたお茶も気付けば30年。
いまだに至らないことが多く反省の日々ですが、お茶を通して多くのことを学んできたなと思いながら「茶の湯」展をあとにしました。
(R)

************
法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

【代表弁護士から】戦後まもなくの弁護士の懐事情

2017年04月24日(月曜日)

「千葉県弁護士会史」という本を読んでいたら、戦後すぐの新人弁護士の生活に関する記事がありました。

今はもうお亡くなりになった大坂忠義弁護士のインタビューではこのようなことが紹介されています。

「昔(昭和23年修習)の修習生の給料は200〜300円。当時、月の生活費が1000円くらいかかっていたんで、とても生活できなかった。千葉の弁護士はみんなすぐに独立せざるを得なかった。独立してからは最低の生活から始めた。中堅の弁護士でも食えなかった。弁護士会の会長が”新人弁護士に国選を回してやれ”と言ったら、中堅の弁護士から不公平だと苦情がでた。相当の大家の中でも、新聞記事を読んで警察の留置場に面会に行き、弁護士を自分に依頼しろと弁護届を取っていたという人もあるくらい」

金銭感覚が今とかなり違うので、200円とか300円とか言われてもピンと来ませんが、食べられなさ加減というのはなんとなくわかります。

大坂弁護士は生活の貧困状態を「子どもが朝起きると米びつを開けてみて、『米がない、米がない』と泣いていたほど」とも言っていました。

国選事件の取り合いなどというのは、私が弁護士になったころ(1995年ころ)はそのような現象は見られませんでしたが、戦後すぐはそのようなことがあったのですね。

大坂弁護士によると、「弁護士が普通に食べていけるまでに10年くらいかかった。」ということであり、それが普通のことだったのでしょう。よく考えてみれば、弁護士になったからといって資格があるだけで、知恵も経験もないのですから、それですぐに食べられるようになるわけがありません。
10年というのは、戦後の特殊事情もあったのかもしれませんが、それなりの経験を積まないと信頼される弁護士にはなれないものなのです。

************
法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

【スタッフ雑談】事務所旅行を実施しました

2017年04月14日(金曜日)

4月7日(金)~8日(土)、当事務所の恒例行事「春の研修旅行~DISCOVER CHIBA~(第13回)」が実施されました。ここ数年晴天だったためしがなく、今年もまた雨に降られましたが、

◆久留里城(駐車場から天守まで坂道25分登りますが、見晴しは最高なので健脚な方はぜひ!)

◆濃溝の滝(最近SNSで秘境、ジブリの世界などと話題の滝です。遊歩道が整備され観光スポット化していますのでもはや秘境とは言えないかもしれませんが、美しい写真を撮って楽しめました。)

◆大山千枚田(里山の美しい景観、広大な棚田。日本の原風景を楽しめました。お食事処もあり、千枚田で取れたお米のおにぎりをいただくことができました。あいにくの雨でしたが、大山千枚田は日本で唯一雨水のみで耕作されている天水田なので、田にとっては恵みの雨なのだそうです。)

◆魚見塚展望台(ちょうど雨があがったので展望台へ立ち寄りました。とにかく絶景です!前原海岸、鴨川松島、仁右衛門島など美しい海岸線と、鴨川の街並みが一望できました。あまりの美しさに動画で撮影してしまいました。)

などを見てまわり、鴨川で宿泊。

翌日も雨でしたが、勝浦朝市(日本三大朝市です)に寄ったところ、何店舗か出店されており、農産物や海産物などを調達したメンバーも。今年も例年同様、千葉の自然に触れ、新鮮な魚介をいただき、充実した研修旅行となりました。私は生まれも育ちも千葉県でありながら、大山千枚田と魚見塚展望台はお初で、とにかく景観の美しさに感動しました。まさに「DISCOVER CHIBA」できてよかったです。(S)

***********************
法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

【代表弁護士から】2017年4月1日から電話無料相談を開始しました。

2017年04月13日(木曜日)

2017年4月1日から電話無料相談を開始しました。
これまでは地域を限定していましたが、どの地域でもご利用いただけます。
電話相談の時間は15分程度。2回まで無料となっております。
お電話お待ちしております。

ご相談受付は
平日午前9時15分~午後5時は、043-225-0570まで。
平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時~午後7時半は、043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。

【スタッフ雑談】キノコの話13

2017年03月24日(金曜日)

春のキノコの代表のアミガサタケ。
傘にあたる部分は凸凹した網目状でヒダはなく独特な形。
アミガサタケの仲間はアミガサタケ、アシブトアミガサタケ、チャアミガサタケなどありますが、そのうちの一つのヒロメノトガリアミガサタケをキノコ仲間と見つけたことがあります。

北軽井沢でのキノコ合宿からの帰りがけ、近くの霧積温泉へ寄ることに。
行ってみると温泉周辺は山の中で、キノコ散策にも良さげな場所。
「もしかしたらヒロメノトガリアミガサタケが出ているかも」と一人が言いだし、皆の気持ちは既に温泉よりも、キノコ探しへ。
まだ誰もそのキノコと出会ったことがなく、お初のキノコにお目にかかりたいと期待を胸に山道を歩いていると、後ろの方で友人の「あっ、あれは!?」の声。
近寄って友人の指さす方を見てみると、林縁にアミガサタケが4~5本。しかも高さ20㎝~30㎝と一般的なアミガサタケより背丈は倍以上で、頭部の網目は広くまさにヒロメノトガリアミガサタケ!
「やった~!」「すご~い!」「大きい~!」とキノコを囲んで、皆、大はしゃぎ。
写真を撮ろうということで、顔の長さと同じ背丈ほどのアミガサタケを手に持ち記念撮影。皆、満面の笑みで写っていました。

ヒロメノトガリアミガサタケを見たのは、その時の一度きり。
また出会いたいキノコの一つです。
(R)

***********************
法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

1 / 3612345...102030...最後 »

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介