得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

面会交流についてのご相談

Eさんのケース 離婚問題の事例

夫に対して離婚の調停を申し立てました。
子どもの親権は私でよいということになったのですが,その代わりに夫は子どもに会わせてくれと要求してきます。会わせなければいけないものでしょうか。

子どもに会わせるかどうか(面会交流)は,離婚に際して最近問題になることが多いです。

子どもを養育している側は,会わせたくないと思うことが多いのに対し,他方の親は子どもに会いたいと考えることが争いを生んでいます。

裁判官は,夫婦間に争いはあっても,親子関係は別と考えて,面会交流をするようにと言います。

そのため,面会交流を実施するのかしないのか,実施するとして,どこまでどのように実施するのかを決めなければならず,争いが長引く傾向にあります。

面会交流を完全に拒むことは難しいです。

夫が子どもを虐待していたというような事情があれば別ですが,そうでない場合は面会交流を完全に拒むことは難しいです。
また,「子どもが会いたがっていないから」という理由も,裁判官を納得させることはできません。子どもの年齢が低ければ低いほど,他方の親の影響を受けると裁判官は考えているからです。

「間接交流」という手法。

そこで,ある程度は面会交流を実施することを考えていかなければなりませんが,どうしても直接会わせたくないと考える場合は,「間接交流」という手法もあります。
これは,子どもを直接会わせるのではなく,片方の親からプレゼント,手紙,写真などを送ってもらったり,送ったりするものです。
このような間接交流で,双方が合意することもあります。

面会をさせるという場合にネックになるのが,夫に会わなければならないという点かと思います。

この問題を回避する為に,第三者機関に間に入ってもらうという手法があります。
この第三者機関の利用は有料ですが,費用負担のお問題が解決できれば利用価値は高いと思います。

このように面会交流では,色々なポイントを考えて行かなければなりません。

このように面会交流では,色々なポイントを考えて行かなければならず,また,どのあたりを落ち着きどころとするか等難しい問題がありますので,弁護士に相談するなどして進めていただくことをお勧めします。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介