得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

不貞行為・慰謝料についてのご相談

Bさんのケース 離婚問題の事例

夫がいつもより夜遅くなってから帰ってくるようになったので問い詰めましたら,他の女性と関係をもっていることが分かりました。
その不貞相手の女性に慰謝料を請求したいのですが,いくらくらい請求できますか。
夫と離婚するかどうかは迷っており,とりあえず,その女性に請求したいのです。

配偶者がいるのに,他の女性(男性)と性的な関係をもつことを「不貞行為」といい,離婚原因となります。

また,性的な関係をもった第三者に慰謝料請求できますが,気をつけておくべきことが何点かあります。

「性的な関係」を立証しなければならないということです。

Bさんのケースでは,夫が他の女性と関係をもったと言っているということが,一応の証拠にはなります。
しかし,夫が,後になっても同じことを話してくれるとは限りません。
夫との会話をレコーダーにとる,もう二度と不貞行為をしないことを誓約書に書いてもらうなどして,証拠を残しておくことが必要です。

関係をもった女性の氏名・住所を把握する必要があります。

「夫が誰だかわからないけれども女性と不貞した」というだけでは,夫に対する離婚原因にはなりますが,他の女性に慰謝料請求はできません。
まず,名前はしっかりと把握して下さい。
住所がわからないこともあると思いますが,その場合は,その女性の携帯の電話番号や職場をつきとめておいて下さい。
これらが分かれば,弁護士による調査でその女性の住所を突き止める手掛かりとなります。

以上の点が明確になれば,慰謝料請求をしていくことが可能となります。

金額としては,離婚した場合は,200万~300万円程度,離婚していない場合は,100万~150万円程度といわれています。離婚するかしないかで,慰謝料額が変わってくることになります。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介