解決事例|交通事故被害、離婚問題、刑事事件解決事例

刑事事件の相談例

痴漢行為で起訴。保釈を勝ち取ったケース

Cさんのケース(男性20歳代)

case04Cさんは通勤途中で痴漢行為をしたということで逮捕されてしまいました(強制わいせつ罪)。心配したCさんの奥様が弁護士に相談。弁護士は私選弁護人となりました。

Cさんは以前も痴漢行為(迷惑防止条例違反)で罰金になったことがあるとのことで,弁護士は今回は強制わいせつ罪で条例違反よりも重い犯罪であるので,起訴されることはやむを得ないものと考え,起訴された後,早期の保釈を勝ち取るという方針を取りました。

保釈は起訴された後でないと請求できません。 また,裁判官の許可がないと保釈されません。 そこで,弁護士は起訴後すぐに保釈の請求をし,裁判官の許可を得ることができるように準備をしました。

並行して,被害者との示談を進めようとしましたが,被害者は高校生で,被害者の両親の被害感情は悪く,金銭的な解決は難しい状況でした。

このように,被害者との交渉の進展が望めない以上,Cさんの家族状況をアピールする方針を取りました。 Cさんは会社に勤めており,今まで一度罰金刑にはなっているけれども,そのことと本件以外は真面目に働いてきたこと,妻子があり,長期間勾留となれば妻子の生活も立ちゆかなくなること,今後は今回の件と同一ルートの通勤経路は利用せず,別ルートで通勤すること等です。

弁護士は書面を作成し,また,裁判官とも面接して,このような点をアピールした結果,保釈が認められました。 保釈金は前科があった為か,300万円と高めでした。

こうしてCさんは,起訴された後は,会社で勤務することができました。 刑事裁判では,執行猶予付きの判決を得られました。

このように保釈を得ることにより,Cさんは身体拘束の期間を最小限にすることができました。 保釈請求においては,裁判官にアピールする活動が不可欠であり,弁護士が必要です。 そのためには早い段階から,私選弁護人をつけておかれた方が有利です。 早めのご相談をお勧めします。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介