解決事例|交通事故被害、離婚問題、刑事事件解決事例

刑事事件の相談例

窃盗被害者と示談をして不起訴を勝ち取ったケース

Bさんのケース(女性30歳代)

あるとき,Bさんのご主人から弁護士に,「今日妻が勾留されてしまいました。至急相談に伺いたい」との電話が入りました。 お話しをお聞きしてみると,Bさんは以前勤務していた会社で会計をまかされ,会社のキャッシュカードを預かっており,ある日魔が差して,社長から頼まれてもいないのに50万円を引き出してしまったとのこと。 このような行為は窃盗罪になります。

Bさんには前科はなかったのものの,金額が決して少額とはいえないので,弁護士はBさんは逮捕だけでは済まず,勾留はやむを得ないもとの考えました。 そこで,被害者との示談を最優先することとしました。

Bさんのご主人から会社の連絡先を聞いた弁護士は,早速会社に連絡。この件は社長が取り扱っているとの情報を入手し,社長さんと会う段取りをつけました。 社長さんは忙しく,午後9時にようやくアポイントを取り付けることができたのです。

弁護士はスケジュールを切り詰めて,午後9時に社長宅を訪問。Bさんになり代わって交渉を進めました。 社長さんからは,「被害を弁償してくれればいい。今までBさんに連絡を取ろうとしても無視されるばかりで,会社も一ヶ月前に勝手に辞められてしまったんで,誠意がないことから警察に届けた」とのことでした。 弁護士は,Bさんのご主人も謝罪にきたいと言っているが,今日はとりあえず弁護士だけで来た。次回,Bさんのご主人を連れてきていいかと謝罪の意思を伝えたところ,社長さんは「私も忙しいし,そこまでは結構ですよ。ご主人にはよろしく言っておいて下さい」と言っていただけました。

その後,無事会社とは示談ができ,被害弁償ができましたので,この経緯を弁護士は報告書にまとめて,検察官に提出。検察官は示談ができているならということで,Bさんは釈放となり,刑事事件としては処分はありませんでした(起訴猶予)。

このように,Bさんは逮捕・勾留はされましたが,最小限の身体拘束で済み,刑事処分も受けずに済みました。被害者が示談に応じてくれたことが大きかったとはいえ,弁護士の迅速な動きがこのような解決に導いたことは間違いありません。 ご家族,ご友人が逮捕された場合は,是非弁護士にご相談下さい。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介