法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【スタッフ雑談】再び縄文展

2018年08月27日(月曜日)

思っていた以上に可愛らしい! 国宝土偶の「縄文のビーナス」と「仮面の女神」。
先月は展示期間前で見ることができなかったので、再度、東京国立博物館の縄文展へ行ってきました。

テレビや雑誌でも取り上げられ、夏休み期間中ともあって、前回訪れた時より館内は来館者で賑わっていましたが、展示はそれほどストレスなく見ることができ、お気に入りの火焔型土器を思う存分鑑賞後、縄文の国宝が展示されている部屋へ。
部屋の奥に展示されているお目当てのビーナスと女神にいそいそと近づき、正面、後ろ姿、真横とゆっくり拝見。
「仮面の女神」は思っていたよりも大きく、美しいフォルムと堂々とした感じがまさに「仮面の女神」。胴に施された紋様や紐で縛って仮面を付けている様子など全体的に作りが丁寧。
「縄文のビーナス」は吊り上った目と大きなお尻が印象的。特に後姿が何とも言えずキュート。表面は磨かれ、粘土の中の雲母が照明にあたってキラキラ。
写真で見るより可愛らしい土偶を前に、縄文時代へと想いを巡らし楽しいひと時を過ごしました。

この二つの国宝土偶は、茅野市尖石縄文考古館に普段は展示されているそうで、ここは「ぐるぐる博物館」(三浦しをん著)という本を読んでから行ってみたいと思っている博物館の一つ。
考古館は「縄文のビーナス」が発掘された尖石遺跡の史跡公園内にあって、土偶の出土状況や八ヶ岳山麓に栄えた縄文文化について展示されているそうなので、八ヶ岳方面へ行った時に寄ってみたいと思っています。(R)

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介