法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【代表弁護士から】弁護士懲戒が過去最多というニュース

2017年03月14日(火曜日)

「弁護士懲戒過去最多」というニュースが報道されていました。平成28年には懲戒処分が114件あり、これが過去最多だったのです。

 懲戒114件のうち、戒告が60件と大半を占めています。戒告は戒められたという履処分は残りますが、業務停止のような直接的な影響はなありません。業務停止以上というのは、それなりに重い処分ということがお分かりいただけるかたと思います。
 懲戒を申し立てても、申立てる側には金銭的な利益はありません。インセンティブがないのに申立てるというのは、それなりの理由があるからとも思われます。その理由は色々あるのでしょうが、腹に据えかねてというケースもあるものと思われる。
 弁護過誤は弁護士の信頼をなくすから、弁護士サイドからも根絶する努力をすべきものですが、残念ながら弁護士会が行なっているのは、弁護士倫理というものの研修ばかりです。懲戒されるケースは弁護活動の遅滞とか横領とかのケースなのですが、それを封じこめるのに倫理の研修をしたところで何の役にもたちはしません。頼まれたことを遅れないようにやりましょう、預かっている人のお金を盗んではいけませんよということは、小学生でも分かることで、いちいち倫理研修なんてする必要ありません。
 現状では有効な対策が全然たてられていません。全く危機的です。横領事案に対し、日弁連は見舞金制度を作ったが、事後的な火消し策にすぎません。横領の根幹は、弁護士の預かり金にあるわけで、ここにメスを入れないといけないのですが、そんな動きは見られません。
ということで、弁護士の不正を抑制する手段は制度的に取られていません。個々の弁護士の道義心に任されることになってしまっています。弁護士不正の被害にあわないためには、依頼者が自ら守るしかない状況が続きそうです。

***********************
法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介