得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

私選弁護人を頼んだ方が良い?

Bさんのケース 刑事事件の事例

妻が万引きをしたということで,逮捕され,勾留までされてしまいました。国選弁護人も選任できるといわれたようなのですが,私選弁護人の方がよいのでしょうか?

窃盗罪で勾留。国選弁護人?私選弁護人?

case10奥様が窃盗罪で勾留までされてしまったというBさんのご相談です。
勾留ということになりますと,検察官が処分を決めるまで,短くても10日間,場合によっては20日間,警察の留置場に拘束されることになってしまいます。
そのようなこともあり,窃盗罪など比較的重い犯罪には,この段階から国選弁護人が付けられます。もちろん私選弁護人(家族等が選ぶ弁護人)も付けることができるので,どちらの方がよいのかというのがBさんの悩みです。

 

最大の違いは,自分で弁護士を選ぶことができるかどうか

最大の違いは,自分で弁護士を選ぶことができるかどうかです。
私選であれば,自分で弁護士を選ぶことができます。国選であれば弁護士を選ぶことはできません。
私選でしたら,一度選任した弁護士を問題があるということで交替させることもできますが,国選では交替は認められません。 国選を担当する弁護士の中には,刑事弁護に通じている弁護士もいますが,必ずしも刑事弁護の能力の高くない弁護士もおり,良い弁護士にあたることができるかは運に左右されます。

ご家族が能動的に動いて,刑事弁護に熱心な弁護士を選んでいく方がよい

Bさんのケースでは,奥様が窃盗事件をしてしまったということであり,被害者に速やかに被害弁償,示談をしていく必要があります。 そうしますと,ご家族が能動的に動いて,刑事弁護に熱心な弁護士を選んでいく方がよいと思われ,私選弁護人を選ぶことの方がよいでしょう。
当事務所では,刑事弁護に熱心な弁護士がおりますので,是非ご相談下さい。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介