得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

頭部外傷と高次脳機能障害についてのご相談

Dさんのケース 交通事故の事例

夫が交通事故に遭いました。頭部を打ち,入院当初は意識障害があったのですが,今は職場に復帰できています。
しかし,上司からの仕事の評価が悪くなるほど仕事ができなくなっており,私からみても夫に物忘れが多くなったりしています。交通事故の後遺症でしょうか?

高次脳機能障害かもしれません。

case11Dさんのご主人は高次脳機能障害かもしれません。
頭部外傷があると,脳の損傷が起こり,記憶障害や注意障害といった症状が出ることがあります。これが高次脳機能障害です。
高次脳機能障害は,一見すると,事故の怪我が全て治ったというように見えるのですが,脳の機能が障害されている為に,今までできていたことができなくなったり,今までの人格とは別の人格になったような印象を受けたりして,生活に様々な支障が出てきます。

 

高次脳機能障害かどうかを評価してもらうことが必要

高次脳機能障害を専門的に診てもらえる病院に通院し,高次脳機能障害かどうかを評価してもらうことが,Dさんのご主人には必要です。 専門的な医療による評価やリハビリを受けると共に,損害賠償へも備える必要がありますので,高次脳機能障害に通じている弁護士に相談をして下さい。

どのような生活状況なのかをご家族がレポートする必要があります。

高次脳機能障害では,後遺障害の等級を決めるにあたって,どのような生活状況なのかをご家族がレポートする必要があります。
ご家族が高次脳機能障害の方と長くいればいるほど,どこまでが障害だったのかわからなくなるということがあります。
また,ご家族の心情として,自分の家族の障害はそれほど大したことではないのではないかと思いたくなるという傾向もあります。できるだけ,冷静な目で日常生活状況報告表というレポートを記載する必要がありますので,弁護士の指導を受けながら,このレポートを書くことをお勧めします。
日常生活状況報告表は,自賠責における等級の認定のみならず,訴訟をする場合は,その訴訟でも重要な証拠となることは知っておかれた方がよいかと思います。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介