得意分野|交通事故被害、離婚問題、刑事事件得意分野

任意保険との示談で気をつけるべきことは?

Aさんのケース 交通事故の事例

私は,停車中に後ろから追突され,むちうち(頚椎捻挫)になりました。半年ほど病院に通ったところ,治りましたので,治療は終了となりました。
任意保険から示談案が示されたのですが,どんなことに注意したらよいでしょうか。私の車の保険に弁護士費用特約があるのですが,示談交渉でも使えますか?

任意保険が最初に出してくる示談案は,任意保険会社の基準に従って計算されてきます。

しかし,任意保険会社の基準というのは,各社違うようである上に,公表されていません。
そこで,通常「裁判基準」とか「弁護士会基準」と呼ばれている損害賠償の基準(これは公表されています)と比較することとなります。

 

任意保険の出す提案は,裁判基準と比べると低いことがほとんどです。

特に最初に出してくる提示額は乖離があります。
任意保険は,被害者本人が示談交渉をしても,裁判基準までは増額しないことがほとんどです。
これは任意保険は「裁判基準というのは裁判をしたときの基準額であって,示談の場合は裁判基準をそのまま採用しない」と考えているからです。

被害者が損害賠償の増額をはかるには次の方法があります。

(1)弁護士を依頼して交渉する
(2)紛争処理センターに申し立てる
(3)訴訟をする

どの方法を取るかについては一長一短がありますので,弁護士による見極めが必要です。

当事務所では,初回相談無料

この無料相談も活用いただければと思います。
Aさんのようにご自分の保険に弁護士費用特約がついていれば,弁護士への相談料(通常10万円まで)や,弁護士に依頼する手数料(着手金,報酬金)を保険会社に支払ってもらうことができます。これを使えば,弁護士費用の負担がAさんにはなくなりますので,損害賠償額の増額を得る為には活用しない手はありません。
任意保険から示談案が送付されてきて,これでよいのかという疑問がわいたら,弁護士にご相談いただければと思います。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介