法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【代表弁護士から】年度末、桜も満開です。~一審の判決がでたときの注意点、控訴審はどのような審理をするか及び相続放棄と単純承認について

2018年03月30日(金曜日)

3月も終わってしまいますね。
3月半ばから一気に暖かくなり、いや暑いくらいとなりました。
桜も一斉に咲き乱れ、近くの千葉城も桜まつりを前倒しで行うほどでした。

【一審の判決について】
年度末が近づくと裁判官や書記官の異動があるので、区切りをつけたくなるのは裁判官の人情のようで、和解や判決が多くなります。
そこで、一審の判決がでたときの注意点についてまとめてみました。
該当記事 → こちらです。

まずは、控訴期限に注意しなければなりません。
判決の受領日から14日以内です。
弁護士を依頼されている方は、弁護士の事務所に判決が届きますので、すぐに連絡をもらうようにしてください。
控訴は14日以内にしなければなりませんから迅速に意思決定しなければならない点、注意が必要です。

【控訴審について】
控訴するかどうかは控訴審がどのようなものかある程度イメージを掴んでおいた方が良いですね。
一審と比べるとかなりのスピードで進むのが現代の控訴審です。
スピーディーな控訴審を知っていただくと、一審がどれだけ重要かも分かっていただけるかと思います。
該当記事 → こちらです。

【相続放棄と単純承認について】
相続放棄はこれから益々件数が増えそうな予感がします。
それに伴って単純承認とならないように気をつける必要が出てきます。
どのような場合に単純承認とみなされてしまうかはなかなか微妙な問題もあります。

例えば、こんなケースはどうでしょう?
Aさんのお父さんは生命保険をかけていました。受取人はAさんになっていました。
お父さんが亡くなったので、Aさんは保険金を受取りました。
お父さんの債務30万円を、受け取った保険金からAさんは支払いましたが、その後お父さんに1000万円を超える債務があることが分かったので、相続放棄の申述をしました。
保険金の受け取りや債務の弁済により単純承認となってしまうでしょうか。
該当記事 → こちらです。

【スタッフ雑談】変形菌

2018年03月23日(金曜日)

粘菌と呼ばれることもある変形菌は「菌」とありますが菌類ではなく、アメーバ状で動き回って微生物などを食べる動物的な性質をもちながら、ある時、子実体というものを形成しキノコのように胞子で増える不思議な生き物。

画家の小林路子さんの画や、写真家伊沢正名さん(今は糞土師と名のっていらっしゃいます)の写真を見た時から心奪われ、中でもジクホコリはキラキラと美しい虹色の輝きを放ち、実物を見たいと憧れているものの一つ。

昨年、大型写真図鑑の「変形菌」(技術評論社)が出版され、表紙は憧れのジクホコリ。
佐藤岳彦さんの写真がことのほか素晴らしく、接写し、拡大された写真は細部まで鮮明に写しだされ、ページをめくるたびに多様な色と形をした変形菌の世界へと誘われます。
著者は変形菌を研究してきた川上新一さん。生態や分類についての解説はわかりやすく、写真集としても図鑑としても魅力満載の一冊です。

このほかにも昨年から今年にかけて、「粘菌」(誠文堂新光社)、「このは N0.13 変形菌入門」(文一総合出版)、「世界は変形菌でいっぱいだ」(朝日出版社)なども出版され、現在、茨城県自然博物館では「変形菌-ふしぎ?かわいい!森の妖精-」展も開催中。
もしかして変形菌ブーム!? 
(R)

【代表弁護士から】3月も半ば、暖かい日が増えました〜離婚の訴状を読むときの注意点、相続放棄、交通事故損害賠償の「弁護士費用」について

2018年03月14日(水曜日)

3月も半ばとなり、暖かくなってきました。
今年の冬はかなり寒かったですね。
ようやく春に向かって暖かくなってホッとしています。

【離婚関係】
離婚関係のご相談は相変わらず多いです。
離婚の調停や訴訟のご依頼もいただいております。
訴訟は、「訴状」というものを裁判所に提出することでスタートとなるのですが、訴状は法律上の言葉も多く入ってきますので、その点について説明がないと分かりにくいかと思い、普段説明していることをブログにまとめました。
ご興味のある方はご参照いただければ幸いです。
該当記事 → こちらです。

【相続関係】
相続関係のご相談も増えています。
高齢者の方が多いということは、沢山の方がお亡くなりになるということであると思いますが、相続放棄が何やら目立つように思うのは、それだけ債務を負ったままお亡くなりになる方や財産はあるけれども、不便なところにある不動産だけで利用価値がなく、相続したくない場合が増えているのかなとも思います。
相続放棄はお亡くなりになったのを知ったときら3ヶ月以内に行う必要がありますが、例外的に3ヶ月を過ぎても相続放棄ができるときがあります。
そのことをブログ記事にしてみました。
ご興味のある方はご参照いただければ幸いです。
該当記事 → こちらです。

【交通事故の損害賠償】
交通事故のご相談もいただいております。
裁判になる案件では、訴状で「弁護士費用」を請求するのですが、この「弁護士費用」というものは特殊なもので、実際に弁護士に支払う弁護士費用の金額とは一致しません。そのことから、誤解もあるところなので、普段説明していることをブログにまとめました。
ご興味のある方はご参照いただければ幸いです。
該当記事 → こちらです。

【スタッフ雑談】便利な時代になりました

2018年03月12日(月曜日)

9日、平昌パラリンピックが開幕しました!これから18日までの10日間、選手たちの熱い戦いが繰り広げられます。選手の有志をしっかり見届け応援したいと思います。

先月のオリンピックの話しですが、男子フィギュアスケートのフリーが行われた日(2月17日)、わたしは友人らと箱根へ向かっていました。箱根に向う道中、インターネットで生中継(LIVE配信)されていたので羽生選手の演技はオンタイムで見ることができました。金メダルを獲得した瞬間、友人らと歓喜に沸き大盛り上がりでした。今は本当に便利な時代になりましたね。インターネット環境さえ整えば、いつでもどこでも必要な情報を即座に得ることができます。
今回の旅行は同世代の友人らとだったので、いわゆるポケベル世代の私たちは、公衆電話に並んでひたすらポケベルに数字を送っていた青春時代を経験してきているわけですが、当時まさかこんな時代(携帯端末で世界とつながる日)がくるなんて想像もできませんでした。ちなみにアーカイブに残されているので、羽生選手たちの有志は今後もいつでもサイトで閲覧することができます。自分で録画して保存しておく必要もなくなりましたよね。いや本当にしみじみ便利でありがたいなぁと思う今日この頃です。
(S)
(追記)東日本大震災から7年。NHKのコンテンツにこういうものがあります。→こちら 被災地の今を知ることができます。犠牲になった方へ哀悼の意を捧げるとともに復興を願ってやみません。

【代表弁護士から】2月雑感~年度末が近づいてきてます。簡易裁判所の話し。交通事故の損害賠償と中間利息の控除

2018年03月01日(木曜日)

【年度末と裁判所の人事異動】
2月も終わってしまいました。年度末が近づいてきています。裁判所もお役所ですから、年度末は3月末なります。年度末は裁判官の人事異動の時期です。弁護士は 自営業ですから異動はありませんが、裁判官書記官は定期的に移動します。この辺の事情をブログで書きましたので、ご興味のある方は御覧ください。
該当記事はこちら 

【簡易裁判所】
最近久しぶりに簡易裁判所に行きました。地方裁判所では訴訟事件数は全体的には減っていますが、簡易裁判所は相変わらずとも混雑っぷりでした。簡易裁判所で
受け付けているのは貸金の事件が多いですが、交通事故事件もそれなりにあります。簡易裁判所で扱うのは物損の事故が多いですね。
最近は弁護士費用特約という被害者になった時に使える特約に入っている方も多くなり、被害者として訴訟をおこすのに、弁護士費用を自分で支払わらなくても良い場合が多くなっていることが背景にあります。
簡裁でどんな事件があるか等についてブログで書きましたので、ご興味のある方は御覧ください。
該当記事はこちら

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日10:00~17:15

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日10:00~17:15

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 井川 夏実

井川 夏実Natsumi Igawa

弁護士紹介