法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【代表弁護士から】勉強していない弁護士

2017年09月19日(火曜日)

私事ですが、今年で50歳になりました。
子どものころは、50歳などというと爺さんと思っていましたし、そろそろ定年で(昔は定年が55歳)、60歳にもなればそろそろお迎えを考えるなどという感じでしたが、実際に50になってみてもそんなことはなく、どこに行ってもまだまだ若いですね、これからですねなどと言われてしまいます。

弁護士は自営ですし、団塊の世代が70歳を超えてもなおバリバリと働いているのをみるにつけ、自分はまだいろいろと足りないことがあるし、勉強を積み重ねていかないとなと思います。

勉強というものは司法試験のをパスするためにしてきたのですが、勉強はそれで終わりではなく、実際の案件を解決するために必要な知識は、そのときそのときに身に着けていく必要がありますからね。

そんな風に私は師匠から教わり、自分でも及ばすながら努力してきたつもりではありますが、世の中の弁護士の中には弁護士になった後は勉強しない方もおられるようです。

どうにも弁護士の不祥事は後をたちません。弁護士会の会誌には毎月毎月懲戒になった弁護士の告示が掲載されます。懲戒の理由のトップは案件処理の遅滞(放置)です。

こんな理由で懲戒になるような人が勉強しているとも思えません。

勉強してきて試験に合格した人が勉強しなくなるのか?と疑問に思う方がおられるかもしれません。

確かに、司法試験に合格するにはかなりの勉強をしなければなりません。
それで、「弁護士」という資格を取れるわけです。でも、「弁護士」資格を取ったら、あとは弁護士会から除名されるとか退会を命じられるとかしない限りは、「弁護士」のままでいられます。

モチベーションはなくなっちゃいますね。

それとロクに勉強していなくても訴状とか準備書面というのはそれなりに書けてしまうんですよ。内容の良し悪しは裁判所は問わないので、能力のない書面を見ても裁判官は何も言いませんから。

そういえばこの間、離婚の訴状でヒドいのがありました。裁判のテーマ(請求の趣旨)では親権とか財産分与を言っているのに、理由欄(請求の原因)では一切親権とか財産分与とかに言及がない。離婚原因だけ延々と書いてあってそのほかの記載がない、そんな訴状に出くわしましたが、裁判官はその訴状を提出した弁護士には何も言わなかったですね。裁判は当事者主義なんで、そういうものなのかもしれません。

つまりは、勉強してなくてもなんとなく適当に書面というものは書けてしまうもので、レベルの低い書面であっても裁判官は注意してくれなくて、そのまま裁判は進行してしまい、仮に悪い結果になったとしても、「裁判官が悪いんです」「今の裁判所の考え方が悪いんです」ということで弁護士の商売をやってしまっている人が出てくるということなのです。いや、もうそういう弁護士がそれなりの数要るのだと考えざるを得ません。

最近、弁護士の質が低下したとも言われていますが、それは本当のところだと思います。
弁護士に依頼される方は、是非勉強をしている弁護士を見つけるようにしてください。

法律事務所大地では現在電話での無料相談を行っております。
まずはお電話ください。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介