法律事務所大地からのお知らせ法律事務所大地からのお知らせ

【代表弁護士から】裁判所では実印はいらない?

2017年07月24日(月曜日)

家事事件の調停でのこと。

調停が成立すると調停調書というものを裁判所が作成してくれまして、それを申請すれば交付してもらえるのですよと依頼者の方に説明しましたところ、成立のときに印鑑(実印)は要らないのですか?との質問をいただきました。
「実印は要らないんです。調停が成立するときは、裁判官が調停条項を読み上げるので、それが間違いないかどうか確認していただければよいのです」、と説明したが、何かまだ腑に落ちないような表情。
「実印っていうのは、大事なものを確認するときに押すものですよね。当事者が確認したという証拠として、押印がある。調停では裁判官が確認してくれているんです。実印の代わりに裁判官がいるというか。そういえばお分かりになるでしょうか。」
不動産の売買では実印が必要です。これを皆さん知っているから、調停や裁判でも実印が必要じゃないかと思うのでしょう。調停や裁判は、不動産の売買より手続きとして重い感じがしますからね。
しかし、裁判所では実印って使わないのです。裁判なんだから、実印くらい必要だろうと思うのも無理はないのですが、でも、そこまで必要ないんです。ちょっと不思議な気もしますが、裁判所というのはそういう場所なのです。

 

***********

法律事務所大地では法律相談は初回無料です。
お電話にてお申し込みください。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00 
夜間/休日受付電話有り

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 平日9:15~17:00(夜間/休日受付電話有り

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介