解決事例|交通事故被害、離婚問題、刑事事件解決事例

その他の法律問題の相談例

医療事件

Dさんのケース(男性60歳代)

case06Dさんの奥様は,あるとき病院で簡単な手術を受けることになりました。一週間程度の入院ということであり,それほど難しい手術ではないということでした。しかし,手術中に患者の様態が急変したとの報を受け,Dさんが病院に駆けつけたところ,奥様は間もなくお亡くなりになってしまいました。医師は,奥様の様態が急に変わられたと説明するだけで,病院側にミスがあるとは言っていませんでした。しかし,Dさんは全く納得できず,弁護士事務所を訪れました。

弁護士はDさんに次のような説明をしました。「Dさんのケースは医療ミスがあるかないかが争点になるようなケースです。病院側にミスがあるのかどうか,まだはっきりしません。まずは医師の言い分を聞いてみましょう。Dさんの方でカルテなどの医療記録は取得されたとのことなので,併せてこの点についても検討してみます。」

このように弁護士は「調査」ということで,Dさんのケースを受任しました。調査においては,カルテなどの医療記録や文献を調べ,適正な医療が行われたのかどうかを調べ,レポートを作成します。 必要があれば,医師の説明に立ち会い,より詳しい内容をヒアリングします。

このような調査を経た結果,Dさんの奥様のケースは,医師の過失は全くないとは言い切れないが,微妙なものであることが明らかになりました。このようなレポートを弁護士は作成し,Dさんに提出しました。後日,Dさんは「家族も含め検討しました。私は妻の為に訴訟をやってでも医師の責任を明らかにしたかったのですが,息子たちは反対でした。妻は穏やかな性格の人間でしたから,争いごとは好まないでしょう。訴訟まではしないことにしました。ありがとうございました」との連絡が入りました。

このように,Dさんのケースは調査のみで終了しました。当初は,医師の対応に全く納得されなかったDさんでしたが,弁護士作成のレポートにより,気持ちが整理され,落ち着きを取り戻したように見受けられました。

調査を経て,交渉に進むケースもありますが,調査のみで終了するケースもあります。当事務所としては,疑問や割り切れなさを持たれる皆様のお役に立つべく,調査のレポートを作成いたします。 是非,ご相談下さい。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介