解決事例|交通事故被害、離婚問題、刑事事件解決事例

刑事事件の相談例

妻に怪我を負わせて逮捕されるも,弁護士に依頼して勾留は免れ釈放されたケース

Aさんのケース(男性40歳代)

Aさんは奥さんと日ごろから口論が絶えませんでした。 普段は手を出さないAさんなのですが,あるとき妻からあまりにも口汚くののしられたので,カッとなって奥さんを突き飛ばしてしまったところ,奥さんは固い物にぶつかったらしく怪我を負ってしましました。 興奮冷めやらぬAさんは,悪かったとは思いながらも,謝ることもなく,その日以降は奥さんと口をきかない日々となりました。

ある日,朝いきなり警察がAさん宅を訪れ,Aさんを逮捕すると告げました。容疑はAさんが奥さんに傷害を負わせたという傷害罪。 Aさんは会社に行こうと準備していたのですが,会社には行けず,警察の留置場に拘束されてしまいました。

このまま警察に留置され続けるのでは,Aさんは会社での仕事も失いかねません。 Aさんのことを心配したお兄さんが弁護士を手配し,Aさんと面会しました。

Aさんは傷害の事実は認めていました。 そこで弁護士は,

①Aさんは実家に身を寄せ,妻とは別居すること,連絡も直接はとらないこと。

②勾留を阻止すること

という方針を立て,①については誓約書を作成し,Aさんに署名を求めました。 その誓約書をもとに,逮捕後の留置(2日以内)だけでAさんを釈放するように意見書を作成し,検察官と交渉しました。

意見書には,

  • Aさんがこれまで真面目に会社勤めをしており,犯罪とは縁のない生活を送ってきた
  • 本件で逮捕に引き続き勾留されれば,その職を失いかねない
  • 奥さんに怪我を負わせてしまったことは事実であるが,暴行は1回で今回以外に暴行した事実はない

ということもアピールしました。

検察官からは勾留の請求はなく,Aさんは逮捕された日の翌日には釈放されました。

まだ,刑事事件が終わったわけではないのですが,Aさんが10日以上も身体を拘束され,仕事がなくなるという最悪の事態は免れることができました。

その後,Aさんは勾留されることなく,警察等からの事情聴取に応じ,最終的には罰金という処分となりました。

このように,真面目に働かれている方にとって,身体拘束されるというのは死活問題です。 釈放される為には,弁護士が迅速に動くことが必要になります。 逮捕されたなら大至急ご連絡下さい。 また,できれば逮捕される前から,それに備えてご相談いただければ,よりよい対応がとれるはずです。

一覧

ご相談依頼、お問い合わせはお気軽にこちらまで。
おひとりで悩む前にまずはご相談下さい。法律のプロがあなたのお力になります。

TEL:043-225-0570

受付 平日9:15~17:00

ご相談依頼・お問い合わせ

交通事故解決
誰もが関わる可能性のある「交通事故」。
解決が難しいケースをお手伝いします。
離婚問題
当事者のみでは難しい離婚問題。第三者が
入ることでスムーズな解決へと導きます。
刑事事件
刑事事件はスピーディーな対応が不可欠。
ひとりでお悩みになる前にご相談下さい。
その他の法律問題
相続や近隣トラブルなど、法的解決が必要
と考えられるケースはご相談下さい。

お問い合わせはお気軽に

TEL:043-225-0570 電話受付時間 平日9:15~17:00

交通事故・離婚問題・刑事事件 初回ご相談無料

ご相談・お問い合わせ

アクセスマップ 交通

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-8-7
グランデ千葉県庁前(旧ラインビル中央)6階【交通アクセス】
TEL:043-225-0570
FAX:043-225-0575

代表弁護士プロフィール

代表弁護士 金子 宰慶

金子 宰慶Tadachika Kaneko

弁護士紹介